product_vol4_title
product_vol4_title_y
product_vol4_jacket_0411

product_voice_title

sample_btn2_01
sample_btn2_02
sample_btn2_03
product_voice_title_ysample_btn_03sample_btn_02sample_btn_01
product_story_titleproduct_story_0411
product_story_title_y
由緒ある大組の娘として何不自由なく育ったあなた。
だがその生活は、あらぬ嫌疑をかけられた父が身分を奪われたことで一変する。
苦労の末、両親を失い天涯孤独の身となったあなたに手を差し伸べたのは、幼い頃に相まみえた吉田松陰であった。
松陰の生家である杉家に身を寄せることになったあなたは、兄のように優しく接してくれる松陰に少しずつ心を開き始める。

それからしばしの時が過ぎた嘉永三年、末。
九州遊学から戻った松陰は、日本近海に度々姿を見せる西欧列強国の船に危機感を募らせていた。
国を思うがゆえの憂いは、やがて松陰を過激な行動へと駆り立てていく――。

product_chara_title
stand_vol4_0411

product_chara_title_y

吉田松陰

多くの知識と広い見識をもつ教育者であり、思想家。
度量が大きく身分の上下に関わらず人を受け入れるが、
一度意志を決めると何があっても貫き通そうとする強固な一面もある。
後に主宰する「松下村塾」は、高杉、久坂をはじめ多くの志士を輩出した。

stand_vol4_k_0411