product_vol2_title
product_vol2_title_y
product_vol2_jacket_1454

product_voice_title

sample_btn2_01
sample_btn2_02
sample_btn2_03
product_voice_title_ysample_btn_03 sample_btn_02 sample_btn_01
product_story_titleproduct_vol2_story
product_story_title_y
生まれつき病を患っていたあなたは、家から出る事も叶わず孤独な療養生活を送っていたが、ある時一つの出会いを果たす。
藩医である兄の診療について来ていた、寡黙な少年。
それは幼き日の久坂玄瑞であった。
少ないながらも言葉を交わすうち、少しずつ打ち解けていくあなたと久坂。いつしかあなたの病も快方へと向かっていた。時は流れ、安政五年。
吉田松陰に師事し、志士への道を歩み始めた久坂は江戸にいた。
人手不足の長州藩邸を手伝うため、久坂を追うように江戸へと下るあなた。
見知らぬ地での日々が、あなたと久坂の関係に変化をもたらしていく――。
product_chara_title
stand_vol2

product_chara_title_y

久坂玄瑞

十五歳にして両親と兄を失い天涯孤独の身となるも、非凡なる才能を発揮し、吉田松陰に「天下の英才」と言わしめた。
身の丈六尺を超える長身と美声を持ち、詩や句作も得意とする。
その特殊な生い立ちゆえか、あまり感情表現が得意ではない。

stand_vol2_k