about_img

宵月ノ雫とは?

幕末、長き泰平の眠りから日ノ本が
目覚めようとする激動の時代。

動乱の京から遠く離れた長州の地に、
志士と呼ばれる男達がいた。

動き出した歴史の歯車によって少しずつ
変わっていくのは、彼らとあなたの間に、
確かにあったはずの当たり前の日常。

契りを交わした宵月は、久遠かそれとも幻か。

ここに綴られるのは、秘めやかな恋の物語。